ハーブの歴史

ハーブの発祥
 

ハーブの発祥は古代エジプト時代と言われています.

ハーブとは自然の薬用植物のことで,ほとんどが地中海沿岸の温暖な地域が原産地です.

ハーブは貴重な医療用の薬であったため,古代エジプト,古代ギリシャ,古代ローマと時代が代わり,またその勢力範囲が拡大するにつれ,ヨーロッパ全土に広まりました.

ハーブは傷口の消毒,殺菌に使用したり,お風呂に入れたり,お茶として飲んだりします.
お茶として飲むハーブティーとしての使い方がもっとも一般的と言えるでしょう.

是非,ハーブを効果的に用いて健康的な生活を送りましょう.